クリオネオーバーシャツ 


ソーイング始めて以来、初めてシャツに挑戦しました。
パターンは、もはやレジェンド的な、クリオネオーバーシャツ。

クリオネオーバーシャツ

襟付き、シャツの開き(短冊)、ボタンホール、カフス、裾カーブ、ギャザー。。。 と私のスキルで出来上がるのか とても不安ではありましたが、クリオネちゃんを 私も着たい♡一心で、チャレンジp(^_^)q

クリオネちゃん、このデザインが好き♡
前身頃のギャザー、腕の(二の腕あたりの)ギャザー、カフスの太さとぷっくりした袖口&ギャザーのバランスが最高♡
着心地も、とても良いです♪


さすがに今回、最初の一着は、練習用生地にしました。
普通のピンストライプだと、コンサバ&リクルートシャツみたいになりがちかと思い、よりラフでナチュラルな感じの生地にしました。
あと、当初は 木のボタンを使う予定でしたが、ナチュラル過ぎて?野暮ったく見えたので、シェルボタンにしました。→正解♪

クリオネオーバーシャツ
●C&S 綿麻ラフストライプ
●ミシン糸 daily ♯5083
ボタンホールのミシン糸 C&S ♯2733
●ボタン:フランスのシェルボタン



出来上がるまでのプロセス、、、そりゃ〜もう、長旅のようでした。。
今年のGWの半分は、クリオネちゃんと共に(笑)

ーーでも チャレンジして良かったです(((o(*゚▽゚*)o)))
台襟の片方が、ちょっとイビツになってしまいましたが、全体としては合格点☆ むしろ思ったより上手くできた♪
短冊の五角形の所のストライプと見頃のストライプは、ちゃんとラインを揃えることができたし(^-^)v


それでも、最初レシピに目を通した時は、何がなんだか(´Д` ) 状態で、危うさいっぱいでした。
でも実際に、生地+型紙を一緒に、レシピの一字一句を注意深く読んでやってみると、書かれていることが本当に的確で、無事に仕上げることができました(≧▽≦)
自分的ポイントをメモ&レシピに書き込みもしつつ。次回はもっとスムーズにできるように_φ(・_・

my ミシンに、ずーーーっと何に使うかさっぱりわからなかった四角い白い部品が、ボタンホールを縫うための"押さえ"であることが判明(^◇^;)
初めてのボタンホール…10回は練習しましたε-(´∀`; )


クリオネ オーバーシャツ
↑袖口と、裾のカーブ。


いやはや…よく頑張りました〜٩(ˊᗜˋ*)و


本命生地は、真っ白のリネン。
クリオネちゃんが最も素敵に見えるのは、白リネンなのではないかと思いまする(o^^o)



スポンサーサイト

フリルつきトップス A-a 


Kana's Standard から、表紙にもなっているフリルつきトップス。

Kana's standard

去年、たくさんの人が、こぞってこのブラウス作ってたときは、ふ〜ん…って思ってたのですが(⌒-⌒; )
最近あるショップで、サンプルがディスプレイされてて、あれれ⁉︎これ カワイイかも〜と思って作ってみました( ^ω^ )
それに、ドロップショルダーの服って、作ってみたかったです(o^^o)

生地は、あのネロリ色のリネンです。

想像以上に簡単にできました(^_-)v

このパターンの素晴らしいところは、寒色系やシックな色合いでも、可愛く見えるデザインではないかと。。。
& この本は、基本形から複数のアレンジパターンが載ってるのも、いいかなぁと。

フリルつきトップス


★アレンジ覚え書き★
・裾は、5cm プラスして57cm仕上げ。
・フリルは、本には縦34cmの生地を用意することになっています。でも フリフリが もぅ少しリッチでもいい気がして、40cmにしてみました。
約2割増です。→イメージ通り☆
・そのフリルを縫い付けるステッチは、最初 普通に縫ったのですが、なんか縫い付け加減が 心もとなかったので、二重にステッチしました。しかも2回目は、コバステッチ。しっかり落ちつきました。
・本には 見返しとかとかの 端処理は、ロックミシン+まつり縫い。ロックミシンがないので;^_^A、、、
ーー見返しは、縫い代を追加して(1cm)、折ってまつり縫い。
ーー袖口は、三つ折りして まつり縫い。
ーー裾は、三つ折り+端ミシン。

ジグザグが丸見えだと、一気にお粗末感アップだもんね(~_~;)

小学生で習ったときから、まつり縫いって、何故か好き♡
Norah Jones やEnya を聴きながらチクチクしました(^-^)

** ** ** **

横幅が、かなりゆったりですが、ドレープのニュアンスを楽しむデザインのようです。
そのゆったり感+ラウンドネック+ドロップショルダー が、肩のあたりを華奢に見せてくれるような気がします。

フリル無しで、柄もの生地でシンプルチュニックなんか作ってみたいです。
可愛くて、簡単…ってナイス(((o(*゚▽゚*)o)))

フリル付きトップス

●LINNET fab Neroli
●ミシン糸:Dual Duty Art.S900 ♯9175


フリルブラウス - フランダースリネン Irma グリーン 


今年、リバティ フランダースリネンにあのIrmaが!!
リネンであったらいいのになぁ〜と思ってました(≧∇≦)
大好きなグリーン系のイルマ……タナローンのほうが、青みがかっていて、フランダースリネンのほうが、黄味があって、よりグリーン気があります。
個人的にはタナローンの色味の方が、より幻想的で好きですが、、、それでも どちらも好きです( ^ω^ )
自分の肌の色、髪の色、瞳の色とのマッチ具合が気に入ってます。

たくさん本やネットを見て、パターンを色々検討したけど、ビビッとイメージに来るのは、パターン143をアレンジした お気に入りのフリルブラウス。
タナローンで半袖を作ったので、今回は長袖。

フランダースリネンlrma


★アレンジ 覚え書き★
・パターンを新たに引き直しました。
フリルブラウス用のパターンにしました。
→長袖をさらにキモチ長くしたり。
→C&Sサイトのパターンの補正のページを参考に、脇の下も2センチ広げました。よりcomfortable な着心地♡

・今回は、袖をさらにアレンジ。ナチュラルカラーのリネンで、襟元と同じように、ギャザー&テープ。
袖口から脇にかけて縫い合わせる前に、この部分を完成させて、それから縫い合わせます。
合わせた境目のテープの位置が、チグハグでずれないようすると、仕上がりも綺麗☆
バイアスのパイピングよりも、今回の方が、ユルっと感 高し⤴︎ ♪

・リボンのテープを付ける、1本目のギャザー(粗い目のミシン)は、端から3〜3.3センチの所でステッチ。今までは2.5位でした。

・着丈は短め。


実は先週、一度 出来上がったけど、どーーーしても襟元の開き具合が、イメージと異なり、リボンのテープもギャザーの寄せも、思いきって 全てほどいて、やり直しました(。-_-。)…
時間かかったけど、でもでも 納得の出来上がり♡♡ (*^◯^*) 完璧☆


タナローンよりさらに高価なフランダースリネン。アイロンかけるとパリッとしますが、薄めの生地で、徐々にリネン特有のくったり感が増してきて 気持ち良いです。


フランダースリネンイルマ
●リバティ社 2016 フランダースリネン
イルマ 16B
ミシン糸:イルマ→3220
ナチュラルカラーのリネン→3325



パターン143アレンジ – Archive Lilac 


パターン143 アレンジ:ドロップ空きなし、ブラウス丈、長袖、身幅狭め です。

生地は、リバティ 2015SS のArchive Lilac。
昨年 初夏辺りに買って、春に長袖で着たくて、ねかせてました。
パターン(デザイン)もずっと コレと決めていました。
シンプルに、ギャザーだけ。

C&Sでは、カラーは"あずきミルク"という名称。
確かに、そんな感じ。
ピンクでもラベンダーでもない…
一般的な色では、何色、と言い難い色。。。好きです( ´ ▽ ` )

archive lilac
●LIBERTY Archive Lilac. 2015SS
15A(あずきミルク)
ミシン糸:4184


久しぶりに、衿もと一周ギャザー&パイピングは、苦戦してしまいました。
もともとこのパターンは、生地の裁断後、パーツごとにあらかじめギャザーを寄せてから、パーツを縫い合わせます。
ギャザーを寄せるだけなら、パーツごと=長さはなくて寄せやすいけど、いざ、バイアステープでくるむ時が、大変。
糸だらけで、作ってる間にまち針に8の字に糸を引っ掛けてあるのがほどけたり、まち針そのものが抜けちゃったりで、せっかくcm測って寄せてあるのが台無しになってしまうという…(^_^;)

あ!思い出した!!
グリーンのIrma で半袖作った時は、そうならないように、8の字した後にマスキングテープで留めていて、綺麗に仕上がったんだった……
くぅーーーっ…すっかり忘れていた(~_~;)

今回、苦戦しながら、
アレ〜〜Irmaの時は サッと出来たはずなのになぁ〜〜
と思っていたのでした(ー ー;)
仕事で疲れすぎてると、ひらめきもイマイチです(⌒-⌒; )


で、やっと出来上がったら、開きがきもーち広い… Irmaより広い(T–T)
バイアスでくるむ前に 試着もして確かめたのに。
……仕方なしに、後ろの左右 袖との繋ぎ目のところで、詰めました。
髪で隠れるし、ギャザー/タックのようで、目立たず♪

ちょうど良い開き具合に仕上がって、一安心(o^^o)

こーやったら上手く出来た、とか
ここは、これに注意、とか
自分なりのメモとか覚え書きって大事だな。。_φ(・_・


この春、作りたい布が、まだいくつか控えてます。




フリルブラウス - Wild Flowers 


またまた パターン143(ブラウス丈、身幅狭め etc アレンジ)でフリルブラウス。
いくつまで、このフリフリは着れるかなぁ〜と思いつつも…(^_^;)
でも、落ち着いていて、地味な服は、もう少し歳を重ねてからでも いくらでも着れるから、今は着たいものを着よう(o^^o)


生地は、LIBERTY JAPAN社 2016SSのWild Flowers.
秋にもOKな色味です。
リアルなタッチのボタニカル柄。
全体的には(遠くから見ると)ダスティピンク系。光によっては、ピンクベージュにも見えます。
その中に、たくさんではないけれど 近くから見ると スカイブルーやパープルの色味が入ってるのが特に気に入ってます。
葉のグリーンや、ブラウン系も◎♬

WildFlowers

ここ最近、厚めの生地のギャザーが多かったから、タナローンでのギャザー寄せは、ラクチンでした。


☆アレンジとかとか覚え書き☆
・このデザインのギャザーだと袖丈が 少し上にあがるから、アレンジ用のいつもの長袖パターンから3センチくらい長くしました。
ジャスト長袖。

・リボンのところのバイアスは18mmのテープメーカー。
袖のパイピングは25mmテープメーカー。

・薄手のタナローン&細いリボンの箇所が、うちの家庭用ミシンでは上手く縫えず(ノ_<)
(後から気づいたけど、ミシン針が厚地用だっかも(^_^;))
→でも、スタバとかのちょいしっかりめの紙ナプキンを引いて一緒に縫うと、ミシンの布送りにちゃんとひっかかって綺麗に縫える(*゚▽゚*)
タナローン+パターン用のトレーシングペーパーだと、紙がツルツルしてダメだった。
一緒に縫った紙は、縫い目に合わせて折り目をつけて、片側を切ると、残りも綺麗にぱかっととれる。


wild flowers
●LIBERTY Wild Flowers 2016SS
ミシン糸:4148
用尺:2.2m