月別アーカイブ

 2011年06月 

fantastic stories 

最近の私のテーマ:
ブログでも度々触れてますが、それは、心の状態を改めること。

私が思う以上に、もしかしたら私は過去に囚われているかもしれない。
もっと、「今」をみつめることができるかもしれない・・・と
切に感じるここ数ヶ月。



昨夜はお友達に誘われて
来月上映の「マイティ・ソー」の3D試写会に行ってきました。
私のラッキースポット、六本木にて。
繁華街方面でなく;;、大使館などが立ち並び、緑も豊かな閑静な界隈♪


そこでもそのお友達から、心の状態を改めた後、しかるべき変化が起こり
わずか1ヶ月の間に、人生が素晴らしく大変化した体験を
聞くことができました。
と~~ってもマジカルで、ハッピーな展開

映画も楽しかったし
(映画もそういえば、改心して主人公が成長していくストーリーだった)
お友達のこのお話を聞けたことも、と~~っても幸せでした。

fantastic storiesを満喫した夜でした
ありがとう



良い週末を。。。



-------

映画「マイティ・ソー」:
ナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキンス、ハリウッドデビューの浅野忠信、
主人公にはハリウッド期待の新星クリス・へムズワース。
監督はイギリス人のケネス・ブラナー!

主人公は強すぎるがゆえの傲慢さが仇となり、
追放され人間界へと流れついてしまう破天荒なオレ様ヒーロー。
一度は力を失い悩み、地球と“神の世界”の危機に直面したことで
成長していく様を描いた話。
イヤな奴が、めっさイイ奴に変わる超アメコミ感満載^^

それでいて、ヨーロッパの神話ちっくな部分もあり、
笑えるシーンもありで、テンポ良い展開で面白かったです。
個人的には、主人公の心境の変化が、もう少し丁寧に表現されてれば
もっと深みが出たんじゃないかな~と思いました。

今年の米アカデミー賞主演女優賞受賞に
最近男の子も無事に出産し、出演作がぞくぞく公開の、
ホットな女優ナタリー・ポートマンに、大御所アンソニー・ホプキンス、、、
流石な存在感でした。
昔は、シェイクスピアなどの古典作品には必ずといっていいほど出ていた
ケネス・ブラナーが手掛けてるってところも新鮮でした。
おじいちゃんがアメリカ人でクォーターの浅野さんの演技を楽しみにしてましたが
セリフの短さ、少なさに、いささか残念。。。
クリス・へムズワースは、ブラピを一層マッチョにした感じ。
特に笑顔が、ブラピの若かりし頃のまばゆさに通じる感ありでした~☆







スポンサーサイト