パターン143アレンジ – Archive Lilac 


パターン143 アレンジ:ドロップ空きなし、ブラウス丈、長袖、身幅狭め です。

生地は、リバティ 2015SS のArchive Lilac。
昨年 初夏辺りに買って、春に長袖で着たくて、ねかせてました。
パターン(デザイン)もずっと コレと決めていました。
シンプルに、ギャザーだけ。

C&Sでは、カラーは"あずきミルク"という名称。
確かに、そんな感じ。
ピンクでもラベンダーでもない…
一般的な色では、何色、と言い難い色。。。好きです( ´ ▽ ` )

archive lilac
●LIBERTY Archive Lilac. 2015SS
15A(あずきミルク)
ミシン糸:4184


久しぶりに、衿もと一周ギャザー&パイピングは、苦戦してしまいました。
もともとこのパターンは、生地の裁断後、パーツごとにあらかじめギャザーを寄せてから、パーツを縫い合わせます。
ギャザーを寄せるだけなら、パーツごと=長さはなくて寄せやすいけど、いざ、バイアステープでくるむ時が、大変。
糸だらけで、作ってる間にまち針に8の字に糸を引っ掛けてあるのがほどけたり、まち針そのものが抜けちゃったりで、せっかくcm測って寄せてあるのが台無しになってしまうという…(^_^;)

あ!思い出した!!
グリーンのIrma で半袖作った時は、そうならないように、8の字した後にマスキングテープで留めていて、綺麗に仕上がったんだった……
くぅーーーっ…すっかり忘れていた(~_~;)

今回、苦戦しながら、
アレ〜〜Irmaの時は サッと出来たはずなのになぁ〜〜
と思っていたのでした(ー ー;)
仕事で疲れすぎてると、ひらめきもイマイチです(⌒-⌒; )


で、やっと出来上がったら、開きがきもーち広い… Irmaより広い(T–T)
バイアスでくるむ前に 試着もして確かめたのに。
……仕方なしに、後ろの左右 袖との繋ぎ目のところで、詰めました。
髪で隠れるし、ギャザー/タックのようで、目立たず♪

ちょうど良い開き具合に仕上がって、一安心(o^^o)

こーやったら上手く出来た、とか
ここは、これに注意、とか
自分なりのメモとか覚え書きって大事だな。。_φ(・_・


この春、作りたい布が、まだいくつか控えてます。




スポンサーサイト