ワンネスの記憶 


学生時代、歌や合奏で、美しいハーモニーとかで、完全に調和・一体感を感じる瞬間、この上ない至福に包まれ、よく泣きそうになっていました。(T▽T)

記憶にある 最初の記憶は、
小学生の頃の、学芸会かなんかの合奏。あと社会科見学の一環でオーケストラを聴きに行った時も(もちろん人生初 オーケストラ)、クラスメイトは誰も泣いてないのに、涙が勝手に出てきて、しかも止まらず ビックリした記憶が。

そして中学の音楽の時間は、かなりの頻度で、歌も何かの楽器演奏も、涙がちょちょぎれることがよくありました。

そのアメージングな調和感は、クセになる感じで、音楽の時間は 実はかなり好きでした。
いつも必ずそれがやってくるとは限りません。
それを感じれた日は、ラッキーdayなのです(o^^o)

周りを見渡して、何でみんな のほほんとしているの?何も感じないの?
泣きそうなのは・泣いてるのは私だけ!?
…と、いつも いつも不思議に思っていました。

そして 当時は、何でこんな 心が震えて、泣くほど感動するのか、そもそもの理由がわかりませんでした。



コースの関連本 「『奇跡のコース』を生きる 入門から実践まで」を読んだのは かれこれ5年前ですが、それに泣きたい理由が書かれてあり、ナゾ解明。

シンフォニー・オーケストラの演奏や、ダンサーたちのパフォーマンスがすばらしくうまくいくとき、当事者も、また観客も、心に喜びを湧き上がるのを避けることができません。それは、ひとつであるという"ワンネス"の深い感覚からやってくるものなのです。
ーーー「『奇跡のコース』を生きる 入門から実践まで」P.236
by ジョン・マンディ



私の表層での意識は判らずとも、無意識は、その記憶をちゃんとおぼえていたのです。


*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*


最近、このYouTubeを見つけて↓、大好きなBe still my soul をここまでハモりまくってくれてるのに感動し、ワンネスの記憶を再び思い出したmiriamでありました✨✨



イヤホンで聴くと、感動倍増です👍🏻


eclipse 6、アメリカ ユタ州のヴォーカルグループ。
2000年から活動をしているようですが、日本ではほとんど馴染みがない…ですよね。ほとんどの?曲の題材が題材なだけに †✨
素晴らしいコーラスです。
彼らの歌う姿の向こうには、モンク(の過去世)が見えてなりません😆

どうやら今年の秋頃に、new ゴスペルアルバムが出るとのことなので、ちょっとチェックしてみようかな😊





スポンサーサイト