チャリでハミング♩♩ 


先日の eclipse 6、最初に知ったきっかけは、このYouTubeでした↓

Open Thou Mine Eyes (a cappella, Eclipse6)




Jean-Baptiste Maunier君がいた合唱団のパフォーマンスで、この歌を初めて聴いて、なんか心に残る・歌いやすそうなメロディーに惹かれました。
でも、英語の歌のはずなのに、彼のソロ部分はまだしも、大勢のフランス人の発音だと、私の聴力では どうしても歌詞・発音がよく聞き取れず、他にこの歌を歌ってる動画がないか探したのがきっかけです。

いやはや そんな訳で、eclipse 6, 合唱団と比べたら少人数で、聞き慣れた英語圏の発音。
こんなクリスチャンソングを歌うグループがいたのね、と知ったわけです。


聞き取りにくかったもう一つの理由は、thou (you) - thy (your) - thee (you) …と、学生時代の旧約・新約聖書のリーディングの授業とかで確かに習ったけど、現代英会話では まず出てこない 古い言葉。
先日のBe still〜でも頻出です。




Open Thou Mine Eyes 、
川沿いをチャリ通勤する時、よく歌うようになったお気に入りソング😊
時代を超えても、良いものはイイな〜と思いつつ😉♩



スポンサーサイト